庭整備は【くらしのマーケット】というサービスに外部委託がコスパ良し

Garden maintenance outsourcing ブログ
この記事は約3分で読めます。
 
いぬ
ワン

忙しくて庭の手入れがめんどくさいなあー。

 

庭の手入れ大変ですよねー。

当初は思い入れもあるので熱心なんですが、忙しいとついつい億劫になりますよね。

そんなときは、庭整備を外部に委託すれば自由時間確保も庭整備も両方がうまくいきます。

【くらしのマーケット】 というWEBサイトサービスから「庭の整備」、「庭の草刈り」、「庭の植木の剪定」などの代行サービスを購入することができます。

【相談や問い合わせのやり方】
パソコンやスマホ等からサイトに行って良さそうなサービスに問い合わせして、料金や注意点などを確認します。
【くらしのマーケット】 内には、それぞれのサービスについての「口コミ・評判」があるので参考にします。口コミは個人差がありますからあくまでも参考です。
「くらしのマーケット」サイトの使い方は、実際にサイト内を見たほうがわかりやすいです。
購入、注文するまでは無料ですから、気になったら気軽に問い合わせしたらよろしいと思います。

庭整備の外部委託の費用

お庭の手入れの費用は、お庭の植物の種類、広さ、高さ、その他、お手入れの程度によって変わります。

除草(草刈機使用)、10㎡(2m×5m)ぐらいなら1.5万円位が目安ですが、それぞれの状況が違いますから「見積り」や「打ち合わせ等」が必要になります。

樹木の剪定、木の伐採、不用草木処分、除草剤散布、造園なども、事前に「見積り」をします。

庭整備の依頼先はどうしたらいい?

地元の専門業者さんが安心です。「くらしのマーケット」は住所で検索できます。

地元の専門業者さんは、地元での生活がありますから下手なことはできません。
2~3件「見積り」して比べて、価格が同じぐらいなら人柄、相性などが参考になります。一度ご縁ができれば何かと融通がききます。

庭整備の専門業者は庭のプロ

今までのご自分のお庭の手入れと同じようにすることも依頼できますし、自分のアイディアを取り入れた造園(庭リフォーム)ということもできます。

庭木が通行の妨げになってる場合、剪定、伐採など自分じゃできない場合なども専門機器を使って対応できます。外部に委託するということは、お庭のプロに相談するということですから、まずは、話してみながら構想してみると楽しみが増えると思います。

庭整備は【くらしのマーケット】というサービスに外部委託がコスパ良しのまとめ

・お庭の手入れは自分でやれるけど、時間がもったいないので外部に委託してみる。

・時間を買うための費用としてのお金を支払う。
・地元の専門業者さんとのご縁ができる。
・お庭のお手入れを外部に委託する時に、どうせなら新たなお庭創りとして、豊かな発想で取り組んでみる。
きっと、お気に入りの庭になります。

庭がきれいになって少し余裕ができたら、「住宅メンテナンス」にも目を向けてみるのもいいと思います。【くらしのマーケット】には、いろいろなサービスがそろっています。

 

【くらしのマーケット】公式サイトを見てみる

タイトルとURLをコピーしました