「先取り積み立て貯蓄の仕組み化」が貯金100万円のコツ

roppyakumannenn 先立つもの
この記事は約3分で読めます。

「貯蓄ができていない」とタメ息が出たりしていますか

そうなんですよね、貯金箱を買って500円貯金始めたり、食費や交際費などを節約したりと、でも続かない、・・・で貯金できない。

そんなあなたに貯金のコツをお話しします。

貯金のコツ➀目標100万円と設定する。

貯金のコツ➁先取り積み立て貯金の成功思考をパクる。

貯金のコツ➂先取り積み立て貯金の手続きをする。

目標を100万円に設定して月4万円を先取り積み立て貯金

 

tyokinn100mannenn

収入が入ったらすぐに先に積み立て貯金へ入金する。月4万円を積み立て先取り貯金するなら年48万円、100万円まで2年ちょっとで達成できます。
4万円がきびしいなら2万円なり1万円で始める。とにかく少しからでもチャレンジすることが大事です。小さな成功体験がやがて大きく育ちます。

貯金を優先するという考え方をマスターすること」が大事なことです。
そして生活も楽しむ。この考え方が「かっこいい」ということを身につけることです。
この貯金優先の考え方は実績があり証明されています。先人の知恵をどんどんパクっちゃいましょう。
生活費の使い方は生活を工夫することで楽しめます。趣味、行楽、光熱費、固定費、など知恵と工夫で楽しみましょう。

積み立て貯金の途中で2千円でも3千円でも増額すれば早めの達成も可能です。

余裕があれば積み立て金額を増やすことで早く貯金100万円を達成できます。お金のことは、早いということは大事です。「タイムイズマネー」です。

ちなみに貯金100万円を1年で達成するためには毎月8万円づつ先取り積み立てをすることになります。

先取り積み立て貯金の手続きは、金融機関に申請して簡単に始められる

積み立て貯金の口座は、生活費の口座と分けて別にします、思いがけない出費の際は、いつでも引き出せる(お金をおろせる)設定にしておけば安心です。

・ポイントは「手続き」です。「いつ手続きするのか」を決めて、実行する、です。

例えば、◯月◯日の◯時に・・・と予定して実行です。月◯万円で設定します。

先取り積み立て体質が身についたら、しめたものです。

収入を先取り積み立て貯金にしてから残ったお金で生活をやりくりするという経験は基本がしっかりとできたということです。自信をもって大丈夫です。

生活の知恵、工夫を発揮したことは今後に活かすことができます。

 

「先取り積み立て貯蓄の仕組み化」が貯金100万円のコツのまとめ

1.目標を100万円に設定して月4万円を先取り積み立て貯金

2.先取り積み立て貯金の手続きは、金融機関に申請して簡単に始められる

3.金融機関の手続きは日時まで具体的に決めて実行する

そして目標を達成したら得られることは

1.地道に先取り積み立て貯金体質マスター

2.お金100万円(次の目標のための資金にできる)

3.限られた資金内で生活する工夫

3点が成功体験として得られます。

今後は次のステップにチャレンジできるチャンスです。
例えば、「積み立て投資で1千万円」。
具体的には、「積み立て投資信託の口座を開設して運用する」です。
100万円のうち10万円を運用して、利益が上がれば再投資します。
これまでの金融機関の口座も継続しますが1~2割を投資して運用益でも成果が期待できます。ただ投資ですから損することもあり得ますので注意が必要です。

お金のことを学ぶため、「ファイナンシャルプランナー通信講座」を受講すると良いです。
ECCビジネススクールでFP講座が受講できます。
【ECC】低料金で修了認定が可能です!今ならFP3級講座が無料!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました