ノーノースメルの成分

no no smell seibun ノーノースメルno no smell
この記事は約3分で読めます。

ノーノースメルの有効成分は「イソプロピルメチルフェノール」です。医薬部外品として厚生労働省からも認められていて殺菌に作用します。

no no smell hontai

yakuyo

no no smell yakuyo

ノーノースメルの成分23種類。

seibun

出典:ノーノースメル公式サイト

 

医薬部外品(いやくぶがいひん、quasi drug)とは、日本の医薬品等に関する法律に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすもの。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

そして、ノーノースメルの製造メーカー「(株)北の達人コーポレーション」は足の激臭について原因や対策を研究し、4つの分野(殺菌・防臭・制汗・角質ケア)に対策するための成分を配合することが足の激臭対策に最適とわかり検証もできました。

以下が4つの分野対策の成分です。

➀有効成分「イソプロピルメチルフェノール」が足の皮膚常在菌の悪玉菌を殺菌する

足の皮膚常在菌のうち、悪玉菌が汗や角質のはがれ(垢(アカ))を分解しながら増殖し酸化し悪臭となります。この悪玉菌を殺菌することで汗や角質アカを悪臭の元にしないようにして防臭します。

➁ノーノースメルの構成成分の「柿タンニン(カキタンニン)」で足を清潔にして防臭

kakitannin

柿の渋さが「柿タンニン」です。
柿に含まれるタンニンの量は、ワインの約20倍。緑茶の約70倍とのこと。

柿タンニンは悪臭の分子を吸着分解して消臭・防臭します。

柿タンニンは防菌、殺菌作用があります。

柿タンニンは抗酸化作用があります。

柿タンニンは毛穴を引き締める働きがあります。

このように「柿タンニン」という成分は足の激臭対策になくてはならない成分の1つです。

 

➂ノーノースメルの構成成分の「植物性エキス」で足の制汗

syokubutuekisu

「植物性エキス」成分では、足に作用して制汗が期待できます。
ノーノースメルはクリームですから足の汗の抑制成分も長く持続します。

➃ノーノースメルの構成成分の「植物性エキス」で角質ケア

「植物性エキス」は、足の制汗とともに、角質ケアにも有効です。足の皮膚・角質を保湿し、引き締めて整えます。カキタンニンは角質ケアも得意です。

ノーノースメルの成分のまとめ

ノーノースメルの有効成分は「イソプロピルメチルフェノール」です。医薬部外品として厚生労働省からも認められていて殺菌に作用します。

・イソプロピルメチルフェノール
・柿タンニン(カキタンニン)
・植物エキス
をバランス良く配合して足の激臭対策に最適な成分としてまとまりました。

「殺菌、防臭、制汗、角質ケア」の4つに同時に対策する成分が集合しています。

この4つ同時作用ができるバランスがいい配合こそが大事です。

「理論上効果があるとされている」という成分のデータはデータとして大切にしつつ「実際に体感できるかどうか」の体感モニター調査に大きく時間をかけます。

その上で、再度類似成分と比較をし、「本当にこれが一番良いと言えるのか」を検証し、何度もモニター調査をします。

その結果が「ビックリするほど良かった場合のみ」商品化しています。とノーノースメルの製造メーカー「(株)北の達人コーポレーション」は公言しています。

hokkaido

データを基にした体感モニター調査を重ねた上に再度成分を比較して検証・モニター調査と繰り返す。

本当にていねいで誠実さが伝わってきます。心が形になっています。

足の激臭対策の成分としてちょうどいいはずです。

 

さっそく使ってみる場合はこちらからどうぞ

公式ノーノースメル

 

 

関連記事→ノーノースメル NO NO SMELLの評判から

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました