徹夜で麻雀することになったときの疲れ対策

ブログ
この記事は約2分で読めます。

徹夜で麻雀の時の疲れに対しての対策です。

 

麻雀する前には適量の食事

麻雀を始める前には腹ごしらえします。食べ過ぎに注意、腹八分程度が健康にも麻雀にも良いです。

麻雀の休憩中に適度な運動とトイレ休憩

麻雀が始まると(半チャン約1時間)、席から離れずらくなってしまいます。
トイレ休憩、腰伸ばし、腰回し、足膝の屈伸運動、肩や首の弛緩動作など、できるだけ運動をします。

麻雀中は適切な飲料を選んで水分補給

水分補給のための飲料は、カフェインレスの飲料を選びます。麻雀が終わった後の睡眠対策になります。カフェインのせいで覚醒しきってしまうと次の日がなかなか面倒です。

麻雀する際は「エアコン対策」が必要です

エアコンは、設定温度と体感温度に差が出やすいうえに、体感温度には個人差があります。
なので夏の冷房エアコンは着るものを対策します。
トレーナー、スウエット、ジャンバーなどを準備しておきます。
雀荘等の施設を利用する場合など自分だけが寒いと感じる場面もありがちです。

昼夜逆転して朝方に寝る

麻雀終了後は、朝方からの睡眠となってしまいます。生活リズムが昼夜逆転です。麻雀で頭を使っていたので意外とすぐに眠れない(負けた時の悔しさが思い起こされたり・・)。
シャワー浴びて、ひと休みしてから寝ます。

ふっと一息入れるときに「リポビタンフィール」おすすめです。
ノンカフェインでカロリー控えめ。
効果・評判もいいです。アマゾンのぞいてみてください。
画像でもテキスト文字でもタップできます。

大正製薬 リポビタンフィール100ml

睡眠時間の確保

7時間程度の睡眠時間を確保できれば夕方頃までには復活できます。
リポビタンを飲んだらスッキリ元気が期待できます。睡眠時間を確保できないときもなんとかなりそうです。でも、麻雀は時間配分なども計画的に楽しみましょう。

徹夜で麻雀することになったときの疲れ対策のまとめ

麻雀の休憩時の運動、カフェインレスの飲料を選んで水分補給、エアコン対策、麻雀で頭を使った後の睡眠対策。
以上が麻雀で徹夜する時の疲れ対策です。
麻雀で徹夜になりそうなときに思い出していただけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました